北欧建築・デザイン協会の機関紙「SADI NEWS」のご案内。

「SADI NEWS」バックナンバー

バックナンバーご希望の方は事務局までお問い合わせ下さい。
有償にてお送りいたします。
残部の無いものはコピーでお渡しいたします。

「残部あり」のもの 1部定価  300円 送料 82円
「残部なし」のもの 1部コピー 150円 送料 82円

お問合せ先:北欧建築・デザイン協会事務局
坪井当貴 Fax 03-6316-8208
mail お問い合わせは info@sadi.jp へお送り下さい。


- CONTENTS -

2017年



2016年

  最新号........................................................................................

No.039・・・2016年12月15日発行

●「フィンランドのスキー」
樋口 清(SADI名誉会長)


●「アルヴァ・アアルトの有機的な線」
マリアンネ・ゴーブル(アルテック社長)


・人間中心で実用的
・メイド・イン・フィンランド

●「ヴィルヘルム・コーゲのみた日本」
長久智子 (愛知県陶芸美術館学芸員)


●「図書紹介、『ヴァイキングの末裔ー北欧紀行』荒正人著」
川上信二

sadi-news39

No.038・・・2016年3月12日発行

●「叙事詩『カレワラ』と創造されたフィンランド民族文化」
石野裕子(常盤短期大学キャリア教養学科准教授)


●「坂田種男さんを偲んで」
川上信二(SADI理事、フォルムSKR 代表)


●「建築家・今井兼次の建築家思想をささえたもの」
ラグナル・エストベリとカール・ミレスの薫陶をうけて
原 衣代果 (前橋工業大学勤務)



●「スウェーデンのケーキ『ヒーラムケーキ』の思い出」
川上玲子

sadi-news38

2015年


No.037・・・2015年3月30日発行

●「工学院大学八王子図書館について」
望月大介(建築家、工学院大学名誉教授)


・図書館誕生の背景
・平面構成と内向的インテリア
・北欧デザインと工学院大学建築学科
・まとめとして

●「回想・八王子図書館建設のとき」
吉田和久(建築家)


・キャンパスの核
・「自然光でなければならない」
・武藤の思いを「かたち」にする
・キャンパスの現在

●「スウェーデンと英国での『生活をよくする』ためのライフスタイルの創造:
イケアとハビタが目指したもの」
倉林祥子 (デザイン史家)


・1940〜1950年代
・1960〜1980年代
・1990年以降


●「図書紹介、『Storybook Helsinki and Beyond』WSOY, 2012, Cody Douglas Oreck著」
伊藤大介

●「北欧建築・デザイン協会 2013年度活動記録」
編集部

sadi-news37

2014年

No.036・・・2014年3月31日発行

●「クランブルック設立の背景を辿る」
松田健嗣(建築家)


・デトロイトの新聞王 ブース
・建築家エリエル・サーリネン
・ブースとサーリネンのクランブルック

●「フィン・ユール邸の思い出」
島崎 信(SADI理事、武蔵野美術大学名誉教授)


・結婚そして自宅の建築
・美術とデザインの融和
・自らが使う家具とインテリアのデザイン
・美しい日用品に囲まれて
・保存・公開されたフィン・ユール邸


●「北欧建築・デザイン協会 2012年度活動記録」
編集部

sadi-news36

2013年

No.035・・・2013年6月10日発行

●「アールトと近代建築」
平山 達(SADI理事、多摩美術大学名誉教授)


●「フィン・ユールと私」
島崎 信(SADI理事、武蔵野美術大学名誉教授)


・やさしい眼差し
・ストックホルム博の衝撃
・建築家としての第一歩
・多彩な活動
・国連ビル・信託統治理事会会議場


●「北欧建築・デザイン協会 2011年度活動記録」
編集部

sadi-news35

2012年

No.034・・・2012年3月31日発行

●「接続可能性からみるコレクティブハウジング」
- スウェーデンの場合 -
船津三沙子(日本女子大学住居学科非常勤助手)


・スウェーデンに於ける住宅政策とコレクティブハウジング
・コレクティブハウジングにおける持続性とは
・コレクティブハウス・ソードラステーション
・コレクティブハウス・リオ
・コレクティブハウジングのこれから

●「マルメとイェーテボリの新しい港の風景」
水島 信(建築家・ドイツ連邦共和国・バイエルン州建築家協会)


・マルメ、ドッカン港:港の新しい風景
・マルメ、ヴェストラ・ハムネンの三様の公共空地
・スンズプロムナード
・ダニアパーク
・アンカーパーク
・イェーテボリ・イェータレーデン通りの埋設化:失われた水辺の再興
・イェーテボリ、エリクスベリ港の再生:新しい港の生活空間


●「ロゴマークデザインにあたって」
五百川博啓(グラフィックデザイナー)

sadi-news34

2011年

No.033・・・2011年8月25日発行

インタビュー
●「北欧のエコロジカルライフとは」
筒井英雄(建築家、SADI理事)


・北欧で目指す無暖房住宅
・エコビレッジとバイオガスの利用
・環境循環型都市のまちづくり
・ハンマルビーのインフラとエネルギー対策
・ハンマルビーモデルが示すもの
・居住人口とエコロジカル効果
・エネルギー問題と今後の課題
・リサイクルよりリユースが大切
・北欧に見る環境教育と日本の未来

●「良質な室内照明と北欧の光について」
荒谷真司(タルジェットポールセン ジャパン マーケッティング部長)


・ポール・ヘニングセンの視点:グレア、影、コントラスト
・眩しさのない照明
・段階的な光のグラデーション
・影、そしてひとの顔を照らす光
・複数の光で空間を分節する
・照明はエアコンではない!
・北欧の光 低い太陽
・キャンドルとテーブルランプ、フロアランプ
・省エネルギーと照明効果について


●「北欧建築・デザイン協会 2010年度の活動記録」
編集部

sadi-news33

2010年

No.032・・・2010年12月3日発行

●「フィンランドにおけるユニークな木造教会」
竹内 皓(建築家・フィンランド木造教会研究家)


・フィンランドにおける木の文化
・丸太組積造の農家と教会
・箱柱式教会の構法
・箱柱式教会の実例
  1、トルニオ教会(1686年建設)
  2、クリスティーナカウプンキ教会(1700年建設)
・箱柱式教会がフィンランドの木造教会に果たした役割

●「乗り越えられたイメージ」
須長 壇(家具デザイナー)


・スタイルの膠着
・オーナーの先見
・デザイナー先行
・Swedenの強み
・Swedenでデザインすること
・今後のデザイン

sadi-news32

No.031・・・2010年4月1日発行

インタビュー
●「北欧に学ぶ生活デザイン」 島崎 信(武蔵野美術大学名誉教授、SADI副会長)
聞き手: 坪井一代、五島悠子

北欧の人たちと、日本人の特質
・ランプの明かり
・技術革新のあり方
・生活者の感覚からタイムレスなもの
・装飾の復権
・作り手と使い手をつなぐもの

● 図書紹介
藤井威著「スウェーデン・スペシャル I・II・III」/ 新評論社
評者:小川信子(日本女子大学名誉教授)

●「ヴィラ・マイレアとサイナッツァロ・タウンホールの間にある
アルヴァー・アアルトの造形的展開」
水島 信(建築家・ドイツ連邦共和国・バイエルン州建築家協会)


・ヴィラ・マイレアまで
・ヴィラ・マイレアとサイナッツァロ・タウンホール
・サイナッツァロ・タウンホール以降
・ヴィラ・マイレアとサイナッツァロ・タウンホールの間の空白

sadi-news31

2009年

No.030・・・2009年6月25日発行

●「ヘルシンキ・カピュラ地区」
- 20世紀からの新しい都市像を示す緑豊かな住宅地 -
伊藤大介(東海大学教授、SADI正会員)


・四季の移り変わりと共にある生活
・都市に自然を持ち込もうとする計画
・ヘルシンキの都市計画の系譜とカピュラ地区

●「裸形の建築へ」- 北欧建築・デザイン協会25周年記念講演 
内藤廣講演会レポート -
脇坂圭一(東北工業大学兼任講師、建築家、SADI正会員)


・アアルトが教えてくれたもの
・「フォルムから空間へ」、そして「内から外へ」
・9・11以降の建築

●「SADIの社会的意義とこれから」- 2008年度の企画をふりかえって -
関本竜太(SADI理事/企画委員会、建築家)


sadi-news30

2008年

No.029・・・2008年12月16日発行

● アルヴァ・アールト ヴィラ・マイレアと床の間」
キム・ヒョンソップ()


・芸術と生活を統合する空間
・アルヴァ・アールトと日本
・ヘルシンキの都市計画の系譜とカピュラ地区
・知られていない「床の間」というヴィラ・マイレアのモチーフ
・おわりに

●「北欧建築・デザイン協会生い立ちの記 その2」
樋口 清(SADI名誉会長、建築家)


● 図書紹介
ETT EGET RUM「エット・エーゲット・ルム」/ ICA出版
評者:須長壮太郎(プロダクトデザイナー、元SADI理事)

sadi-news29

No.028・・・2008年3月28日発行

●「変貌する北欧デザイン」
- そのデザインの50年を振り返る -
島崎 信(武蔵野美術大学名誉教授、SADI副会長)


・はじめに
・第1期
・第2期
・第3期
・第4期
・現在

●「北欧建築・デザイン協会生い立ちの記 その1」
樋口 清(SADI名誉会長、建築家)


● 図書紹介
「Alvar Aalto 1917-1939」
評者:橋本久道(SADI理事、建築家)

sadi-news28

2006年

No.027・・・2006年3月31日発行

●「A.アールトとJ.ウツソン」
- キンゴーハウスと「夏の家」を考える -
三上祐三(建築家/ MIDI総合設計研究所代表)


・はじめに
・荒地に建つローコストハウジング
・アラブ人の町
・中庭で楽しむ夏の太陽
・プランの原型は「夏の家」
・同一平面の異なった表現
・キンゴーに続いて

●「ジャン・シベリウスとフィンランドの建築家との接点」
樋口 清(SADI名誉会長、建築家)


・シベリウスとエリエル・サーリネン
・シベリウスとラーシュ・ソンク
・シベリウスとアルヴァル・アールト

● 図書紹介
「スウェーデンの建築家」 吉田鉄郎著 1957年
評者:橋本久道 (建築家、SADI理事)

sadi-news27

2005年

No.026・・・2005年5月31日発行

●「北欧民家の構法と空間」
- 主屋主室の領域と境界の表現 -
長谷川清之(建築家、北欧民家研究家)


・民家調査の経緯と対象
・北欧の風土と民家構法「冬の北欧」「夏の北欧」
・「北極圏」の風土と民家
・「冬の北欧」の風土と民家
・「夏の北欧」の風土と民家
・主屋主室に於ける領域の存在と境界の表現ー柔らかな境界
・キンゴーに続いて

●「フィンランドで見たこと、聞いたこと、学んだこと」
関本竜太(建築家、リオタデザイン主宰)


●「スヴェレ・フェーンとノルウェーの新しい建築」
北川 卓(東京藝術大学建築科研究室助手、キタガワ+マツモトスタジオ主宰)


・スヴェレ・フェーン氏に会う
・今日のノルウェー若手建築家

sadi-news26

2004年

No.025・・・2004年3月31日発行

●「ヴィープリの図書館」
- アルヴァ・アアルトの建築思考への入口 その2 -
セヴェリ・ブロムステッド(建築家、フィンランド)

訳: 橋本久道

・実現したヴィープリ図書館
・北欧の風土と民家構法「冬の北欧」「夏の北欧」
・主題と変奏
・壇状の床
・スカイライトのある空間
・扇形のモチーフ
・材料の感触
・人の存在の価値

● SADI NEWS (No.001-025) 総目次
編集部

sadi-news25

2003年

No.024・・・2003年3月31日発行、1・2合併号

●「ヴィープリの図書館」
- アルヴァ・アアルトの建築思考へn入口 その1 -
セヴェリ・ブロムステッド(建築家、フィンランド)

訳: 南迫哲也


・根元(ルーツ)
・ヴィープリ図書館の設計競技
・パイミオ結核療養所設計競技
・ヴィープリ図書館の最終案
・プランの原型は「夏の家」
・同一平面の異なった表現
・キンゴーに続いて

●「A.アールトの住宅・東京展」の実行委員会に参加して」
沼尻 良(SADI理事、建築家)

●「アールトの建築を写して」
インタビュー: ヤリ・イエッツォネン(建築写真家)

●「スウェーデン暮らしを振り返り思う、真の豊かさ」
木下靖子(SADI理事、建築家)

sadi-news24

2002年

No.023・・・2002年7月1日発行、1・2合併号

●「スウェーデン・デンマークの近代建築」
吉村行雄(建築写真家、建築家)


・スウェーデン(ストックホルム市庁舎)
・シルエットデザインの重要性
・高窓採光による半外部空間の演出
・ストックホルム市庁舎の七不思議
・アスプルンドの柔軟な造形力
・デンマーク(北欧モダニズムの牽引役ーヤコブセン)
・P.V.J.クリント
・写真家として「感動を伝える」

●「デンマークの高齢者の生活と住まいとデザイン」
小島ブンゴート孝子(Euro-Japan Communication 代表)


・人生は3ステップで
・高齢者の自立
・デンマーク人の住まい

●「アルヴァー・アールトの住宅展」- その永遠なるもの -
東京展 2002年7月25日ー8月9日、リビングデザインセンター・OZONEにて
沼尻 良 記

sadi-news23

No.022・・・2002年3月31日発行、3・4合併号

●「北欧の集成材と建築物」
雨宮陸男(建築家/ 国際木質文化研究所代表)


・西欧の集成材建築と技術の変遷
・集成材建築技術の変遷
・北欧の集成材生産と建築物の変遷

●「スウェーデンスタイル東京2001とストックホルム家具フェアー2002」
川上信二(フォルムSKR代表、SADI副会長)


●「オウルンサロ音楽祭にて」- 自然と人間、音楽との共存 -
佐藤まどか(ヴァイオリニスト)


・フィンランドの音楽祭
・音楽祭の会場
・空間と音楽
・5つの会場

sadi-news22

2001年

No.021・・・2001年7月17日発行、1・2合併号

●「デンマークの高齢者ナーシングホーム」
坂田種男(建築家、SADI会長)


・居間のデザインと家具
・厨房設備
・コミュニケーションルーム
・食堂
・リハビリテーションルーム
・廊下、屋外スペース
・おわりに

●「北欧の音楽と民族ロマン主義」- フィンランドを中心として -
佐藤まどか(ヴァイオリニスト)


・音楽における民族ロマン主義
・フィンランドの音楽の位置と、その歴史
・シベリウスの民族音楽への意識

●「取り壊し奨学金」
田中 久(建築家、在スウェーデン)


sadi-news21

2000年

No.020・・・2000年2月29日発行、1・2合併号

●「デンマーク人の心」
樋口 清(SADI名誉会長、建築家)


●「アクセサビリティ」
マリアンヌ・フランドセン(インテリアアーキテクト、国際インテリアデザイナー団体連合理事長)

訳: 橋本久道

●「Celebrating Air Travel」
ハンス・ホーイェンセン(建築家、Architect MAA, Copenhagen)

訳: 近藤高史、橋本真子

●「森・職人・デザイン・循環する仕組」
関 由有子(建築・家具デザイナー、木と遊ぶ研究所)


・一冊の雑誌から
・暮らしに生きるデザイン
・国産品を使おう、買おう!
・日本のデザインは偏っている?
・誰のためのデザイン化?
・誰もがデザインに加担する
・ヘイノラの学校にて
・針葉樹の文化
・森の小径を迷いながら

sadi-news31


PAGE TOP

個人情報の保護免責について著作権についてリンクについてお問い合わせ

Copyright © 2006-2017  The Scandinavian Architecture and Design Institute of Japan  All rights reserved.